2年次からのコース制:バイオ有機薬品コース、環境分析コース、新エネルギーコース/早期研究室配属プログラム:3年次からの研究室配属/環境・化学関係の資格取得支援の講義、 中学・高校理科教員採用試験対策の講義を開講、小学校教員免許取得支援 岡山理科大学
無限の化学フィールドに挑戦 受験生サイト
受験生サイト 受験生サイト 受験生サイト
受験生サイト
学科概要 カリキュラム 教員・研究室 進路 資格 推薦図書 在学生用ページ 場所・連絡先
information what's new
  資料・入学願書はこちらから入手できます。
  【NEW】2016年度版化学科パンフレット(PDF)がダウンロードできます。
化学科50周年記念講演会
新コース誕生!
  2016.8.24

■光るきのこを作ろう! in サイエンス実感フェア

 8月20〜22日に岡山高島屋においてサイエンス実感フェアというイベントが行われ、化学科から「光るきのこを作ろう!」というブースを出展しました。このイベントは、子供たちにサイエンスの面白さを伝えようという観点で行われているイベントです。化学科が出展した「光るきのこ」とはもちろん食べる「きのこ」ではなく、化学反応で作った発泡ウレタンが「きのこ」の形に似ており、着色に暗くすると光る蓄光剤を用いているということからネーミングしています。化学科では真理を追究する研究だけでなく、“化学の面白さを伝える”という社会貢献もしています。研究はもちろんですが、化学の面白さを伝えたいという人も是非とも化学科の他のページを訪れてみて下さい。

 
  2016.7.23

■化学科の新しいパンフレットが完成!

 2016年度版の化学科パンフレットが完成しましたので、ご覧下さい。

 
  2016.7.20

■大型放射光施設SPring-8で化学科の2研究室が実験!

 6月下旬に化学科の2研究室がSPring-8にてそれぞれ放射光実験を行いました。SPring-8は兵庫県の播磨科学公園都市にある世界有数の大型放射光施設で、大学の実験室では実施が難しい高度な実験を可能にしてくれます。
 各研究室が申請し、採択された課題は「SAXS/WAXD同時測定による融点近傍で熱処理したフッ素系結晶性高分子ゲルの高強度化・高延性化機構の解明」と「フラーレン内包多孔性亜鉛ポルフィリン錯体の精密結晶構造解析」でした。実験には大学院生だけでなく学部生も参加し、皆が一丸となって貴重なデータをとることに昼夜を問わず取り組みました。学生にとっては初めての放射光実験でしたが、事前にしっかりと準備をすることで無事に実験を終了することができました。

 
  2016.7.11

■「化学プレゼンテーション」発表会

 7月9日に「化学プレゼンテーション」の発表会が行われました。この授業は3,4人でグループを作り、サイエンスに関する事柄を図書館やインターネットで調べ、みんなの前でプレゼンテーションする授業です。特に、今年度は新しく出来たA1号館のプレゼンテーションルームで行われました。プレゼンテーションルームはプレゼンテーションすることに特化した岡山理科大学の中でも特徴的な教室の1つです。発表テーマは「腸内フローラ」や「ナノセルロース」、「バイオミメティクス」、「バイオ燃料電池」、「炭素材料」など多岐に渡りました。先生方からの質問もあり緊張している学生もいましたが、みんなの前で発表するという良い経験が出来た様です。発表終了後、皆さん晴れやかな顔をしていました。
 化学科では学生が主体となる「化学プレゼンテーション」のような授業も開講しています。このような授業を通してサイエンスに関する知識はもちろんのこと、プレゼンテーションやディスカッションする技術も習得することが出来ます。また、社会人として通用する力を身に着けることができるため人気のある授業の1つです。

 
  2016.6.16

■化学科・6月オープンキャンパス

6月12日に岡山理科大学オープンキャンパスが開催されました。学科イベントでは分析化学研究室の見学とルミノール発光やフォトクロミズムの実験を行いました。学科ブースではニンヒドリン反応を使った指紋の検出実験と周期表や分子模型の展示等を行いました。化学科では「鑑識の化学」という講義がありますが、今回のルミノールやニンヒドリンの反応も実際の鑑識で広く使われているものです。これらの実験や展示品には参加者の方々も大いに関心を持たれていたようです。次回のオープンキャンパスは8月6,7日です。今回とは異なるイベントを行いますので、興味のある方は、是非とも参加して下さい。

 
  2016.5.30

■高分子学会で化学科から3件の発表

5月25日から27日まで神戸国際会議場にて第65回高分子年次大会が開催され、高分子物理化学研究室の修士2年浜本君と修士1年峰松君、生体高分子研究室の修士2年西村君が研究発表を行いました。各発表タイトルは「融点近傍での熱処理によるフッ素系結晶性高分子ゲルの高強度化・高延 伸化と変形機構解明」と「リチウムイオン濃度に依存したPVDF/イオン液体の結晶化と相分離」、「DNA-シリカコンポジット体による金属イオンの集積と触媒材料への利用」でした。西村君は初めての口頭発表でしたが、堂々と発表していました。発表終了後、中華街で食事をしたとのことです。写真は口頭発表が終わりホッとした西村君です。

 
  2016.2.29

■日本化学会中国四国支部・支部長賞を2名に授与

2月22日に大学院理学研究科化学専攻の第41回修士論文発表会、2月26日に化学科の第49回卒業研究発表会と第11回化学特別実験発表会が開催されました。今年度もそれぞれの発表会に先立って日本化学会中国四国支部・支部長賞の授与が行われました。今年度は、化学専攻では物理有機化学研究室の山本悠太君、化学科では生体高分子研究室の船木祥子さんが選ばれました。
写真は、表彰されはにかむ山本君(左)と生体高分子研究室の皆さんに囲まれた船木さん(右)です。

 
  2016.1.14

■今年も化学科恒例の昼食会を行いました

化学科の恒例行事となっている2年次生を対象とした昼食会が、1月13日に11号館の最上階ラウンジで行われました。この昼食会は「学生と教員がざっくばらんに話す機会を作ろう」という趣旨のもと、2007年度から行われている行事です。学生の方々からは「先生のテストは難しいですか?」や「テストはどんな問題が出るのですか?」という教員が答えるのが難しい質問から、「先生はどんな研究をしているのですか?」や「髪、切りました?」という質問まで出ていました。昼食会は1時間程度でしたが、大盛況のまま幕を閉じました。
来週からは定期試験に入りますが、皆さんこの調子で頑張ってくれるものと教員一同信じています!

 
  2015.11.24

■OUSフォーラム2015で化学科教員2名が発表

11月20日にOUSフォーラム2015が開催されました。化学科からは毎年2名の教員が発表しており、今回は分析化学研究室の横山先生(タイトル「難溶性塩の固体膜電極を用いたフローインジェクション分析法」)と高分子物理化学研究室の大坂先生(タイトル「階層構造制御による高分子材料の高性能化」)でした。大坂先生は緑色のたんQくんのジャンパーを着て、ご自身の発表と座長に奔走していました。化学科では分析技術の開発から素材の機能化まで、大変幅の広い分野の研究を行っています。皆さんの興味を持つ分野がきっと見つかると思います!

 
  2015.10.27

■化学科ソフトボール大会!

10月24日(土)の清々しい秋晴れの中、化学科恒例の研究室対抗ソフトボール大会が行われました。このソフトボール大会は化学科が設置されてから行われている歴史のある大会です。普段、ゼミ生らはフラスコや測定器を見つめ研究室で実験を行っているのですが、この日ばかりは、先生方からのプレッシャーもなく(?)広いグランドで伸び伸びとプレーしていました。ちなみに、今回の優勝チームは高分子物理化学研究室(大坂昇先生)でした。化学科では研究だけでなくソフトボール大会などの様々なイベントがあります。

 
  2015.10.19

■坂出工業高等学校の生徒が来られました

坂出工業高等学校の生徒4名が課題研究の一環で化学科の生体高分子研究室(山田真路先生)の研究室に来られました。坂出工業高等学校には岡山理科大学・化学科出身の先生が居られ、山田(真)先生と3,4年前から、キチン・キトサンの構造評価を行っています。生徒たちは学校にはない測定器に目をキラキラさせならば、頑張って測定していました。
化学科では大学卒業後、化学メーカーに就職する人も沢山いますが、今回の様に先生になる人もいます。皆さんも岡山理科大学・化学科で先生を目指してみませんか?

 
  2015.9.24

■化学科・9月オープンキャンパス

清々しい秋晴れの中、9/23に岡山理科大学オープンキャンパスPart3が開催されました。化学科イベントでは「世界最強クラスの磁石で実験してみよう!」というタイトルで磁石を使った様々な実験が行われました。特に、液体酸素が磁石にくっ付くという実験はみんな、目を丸くして驚いていました。ちなみに、皆さんは液体窒素が青色って知っていますか?また、化学科ブースでは周期表に関わる展示や紫外線により色が変わるフィルムの実験が行われました。今年度のオープンキャンパスはこれで終わりですが、化学科内では様々な実験が行われています。少しでも化学に興味を持ったら、化学科のHPをのぞいてみて下さい。

 
  2015.8.3

■化学科・8月オープンキャンパス

8月1、2日と岡山理科大学第2回オープンキャンパスが行われました。化学科ブースでは蛍光体に関する展示や液体窒素を使った演示実験を行いました。また、化学科イベントでは「ルミノール反応に関する実験」や「蛍光ペンのインクに使われている物質の合成」などを行いました。参加した生徒はもちろんですが、保護者の方々、ブースをのぞきにきた他学科の先生方も興味津々でした。次回のオープンキャンパスは9月23日に行われます。化学科では「世界最強クラスの磁石で実験してみよう!」を行う予定です。興味のある方は是非とも参加して下さい。

 
  2015.7.14

■新規芳香族化合物に関する国際学会で3件発表

7月5日から7月10日までスペイン・マドリッドにて「16th International Symposium on Novel Aromatic Compounds(ISNA-16)」が開かれました。物理有機化学研究室から博士課程2年井上君,修士課程1年山内君、岩永先生が参加し、研究発表を行いました。山内君ははじめての学会参加がこの国際会議でしたが,どうどうと外国人研究者に対して質疑応答をしていました.井上君は2度目の国際会議参加であり,慣れた感じでしっかりと発表していました。講演数などが充実しており、トップクラスの海外研究者が参加する学会だったので非常に刺激を受けたようです。次回はニューヨーク(アメリカ)で開催予定です。

 
  2015.6.29

■「化学プレゼンテーション」発表会

6月27日に「化学プレゼンテーション」の発表会が行われました。この授業は4,5人のグループが約3か月間科学に関する事柄を調べ、教員を含んだみんなの前で発表する授業です。今回の発表テーマも「地球外惑星で生物は存在できるのか」や「調味料の化学」、「ヒスタミンについて」と色々とありました。緊張している学生も居ましたが、友達に支えられ無事に発表することが出来たようです。化学科では学生が主体となる「化学プレゼンテーション」のような授業も開講しています。このような講義を通して、サイエンスに関する知識を習得するだけでなく、プレゼンテーションに関する技術やディスカッションする能力も修得することが出来ます。写真は発表の一コマです。

 
  2015.6.15

■化学科・オープンキャンパス

6月14日に岡山理科大学オープンキャンパスが開催されました。学科イベントでは研究室の見学とナイロンの合成実験を行いました。参加者は溶液を加えると出来るナイロンに目を丸くして驚いていました。学科ブースでは海藻から作る人工イクラの実験と周期表や分子模型の展示等を行いました。これらの展示品は参加者だけでなく、先生方も興味津々でした。次回のオープンキャンパスは8月1,2日です。今回とは異なるイベントを行いますので、興味のある方は、是非とも参加して下さい。

 
  2015.4.9

■化学科1年生恒例の一泊研修 in 蒜山

4/3に岡山理科大学の入学宣誓式が行われ、今年度も多くの意欲に満ちた学生が化学科に入学しました。4/5,6には化学科恒例の1年生を対象とした一泊研修が行われました。今年度は蒜山高原でした。一泊研修では時間割の組み方や資格の取り方、大学生としてのルールなど様々な事を学びます。当初は、緊張してなかなか友達が出来なかった学生も一泊研修が終わるころには仲良くお弁当を食べる間柄にまで発展します。写真は1年生全員の記念撮影と研修中の一コマです。

 
  2015.4.1

■無機物質化学研究室のHP開設

無機物質化学研究室(佐藤泰史先生)のHPを開設しました。(リンク

 
  2015.3.2

■日本化学会中国四国支部・支部長賞を2名に授与

2月23日に大学院理学研究科化学専攻の第40回修士論文発表会、2月27日に化学科の第48回卒業研究発表会と第10回化学特別実験発表会が開催されました。それぞれの会に先立って、成績優秀な修士課程修了生・亀谷昭友君と学部卒業生・西原豊顕君に日本化学会中国四国支部・支部長賞の授与がなされました。
写真は、満面の笑みの亀谷君(左)と西原君(右)です。

 
  2015.1.8

■化学科恒例の昼食会

化学科2年次生を対象とした昼食会が、1月7日に11号館の最上階ラウンジで行われました。この食事会は学生と教員がざっくばらんに話すことが出来る化学科2年次生の恒例行事です。普段あまり話す機会が無い教員と勉学や学生生活の話で盛り上がり、大盛況のまま幕を閉じました。

 
  2014.11.25

■OUSフォーラム2014で化学科教員が発表

11月21日に岡山プラザホテルにおいてOUSフォーラム2014が開催されました。化学科からは精密有機化学研究室の若松先生(タイトル「光機能性官能基を担持した金ナノ粒子の開発」)と生体高分子研究室の山田(真)先生(タイトル「サケ白子DNAを用いた環境材料の創製」)が発表しました。両先生とも化学科ではバイオ有機薬品コースに所属されており、フォーラムでの発表も有機分子やバイオ分子を光記憶材料や環境浄化材に応用しようという内容でした。山田(真)先生の研究の一部はすでに商品化されているそうです。当日、若松先生は発表だけでなくブース内の座長も務められており、大変忙しそうでした。
化学科での研究に興味を持った人は「教員・研究室」のページを訪れてみて下さい!

 
  2014.10.27

■化学科50周年記念講演会

10月25日に化学科50周年記念講演会が岡山理科大学・理大ホールで開催されました。岡山理科大学は1964年に理学部応用数学科と化学科を設置して開学しました。そのため、化学科の歴史は岡山理科大学の歴史と言っても過言ではありません。
講演会は理学部長の横山崇先生の開会宣言から始まり、6名の化学科卒業生に講演をしていただきました。6名の卒業生全員、会社では責任のある立場で仕事をされている方で、在校生にも大変役立った内容であったと思います。最後は副学長の豊田真司先生に締めくくっていただき、盛況のまま終了しました。
化学科教員一同、次の100周年を見つめて教育・研究をしていきたいと考えています。皆さんも化学科で岡山理科大学の歴史を作ってみませんか?

 
  2014.10.11

■環境計量士(濃度関係)に合格で学長表彰!

化学科4年次生の西原豊顕君は、国家資格である環境計量士(濃度関係)に合格したため、学長表彰を受けました。 この国家試験は社会人なども挑戦していますが、合格率15%と非常に狭き門であることが知られています。西原君は試験を受けた当時学部3年生で、学生実験や講義の忙しい間に時間を見つけて試験勉強をしたそうです。
現在、西原君は物理有機化学研究室に所属して、おもしろい構造を持った有機化合物の合成に取り組んでおり、来年度は大学院へ進学して、より深く専門知識を得たいと意欲をみせていました。

 
  2014.9.1

■高分子物理化学研究室のHP開設

高分子物理化学研究室(大坂昇先生)のHPを開設しました。(リンク

 
  2014.8.20

■化学科・おもしろワクワク化学の世界

8月7日〜12日までの6日間、岡山高島屋にて「おもしろワクワク化学の世界'14岡山化学展」が開催されました。化学科からは「光るキノコを作ろう!」というブースを出店し、6日間で2500人以上が訪れました。この「光るキノコを作ろう!」というブースは発泡ウレタン(スポンジ)を作るブースで、色付けに蓄光剤を使っているので暗闇でわずかに光ります。写真は化学展の一コマですが、子供だけでなく、大人も楽しんで実験をしていたようです。化学といえば「化学反応」や「構造式」、「周期表」など難しいイメージがあると思いますが、本当は皆さんの最も身近にある物質です。興味のある方は化学科のHPをのぞいてみてください!

 
  2014.8.4

■化学科・オープンキャンパス

8月2,3日と第2回オープンキャンパスが行われました。化学科では「磁石にくっつく液体酸素を見てみよう!」と「物質を合成し光らせてみよう!」を行いました。また、化学科ブースでは周期表や鉱物など化学に関する様々な物の展示を行いました。参加された方は、普段見ることが出来ない極低温の世界や紫外線で光る物質、光の三原色などに関心しきりでした。写真は、化学科イベントおよびブースの一コマです。次回のオープンキャンパスは9月23日に行われ、化学科では「光で透明フィルムに色を着ける実験」を行う予定です。興味のある方は是非とも参加して下さい。

 
  2014.7.25

■「化学科50周年記念講演会」のご案内

10月25日に,化学科設立50周年を記念して講演会を開催します。

 → プログラムや参加申込み(無料)はこちら

 
  2014.6.28

■「化学プレゼンテーション」発表会

6月28日に化学科の2年次生の対象科目「化学プレゼンテーション」の発表会が行われました。この授業は3,4人のグループになり、科学に関する事を調べみんなの前で発表する授業です。今年も例年と同様に「食品とカビ」や「恋愛を科学する」、「化学調味料について」など様々な発表がありました。大勢の前で話す機会が少ない学生は非常に緊張している様でしたが、仲間に支えられ無事に発表することが出来たようです。化学科では「化学プレゼンテーション」のように学生が主体となる授業も開講しており、プレゼンテーション技術の習得だけでなくグループ内でディスカッションする能力の習得も出来ます。
写真は「炭酸について」の一コマです。

 
  2014.6.16

■あっ!と驚く光の化学

6月15日に岡山理科大学オープンキャンパスが開催されました。学科イベントでは普段滅多に立ち入ることが出来ない研究室の見学と化学発光の実験を行いました。参加者の方々は溶液を加えると光を発するルミノール反応に興味津々でした。このルミノールは血液とも反応することから警察の科学捜査にも用いられています。また、学科ブースでは人工イクラの作製や発泡ウレタンの合成、周期表や分子模型の展示等を行いました。次回のオープンキャンパスは8月2,3日で、今回とは異なったイベントおよびブース展示を行います。興味のある方は是非とも参加して下さい。

 
  2014.6.2

■生体高分子研究室から2件の学会発表

5月28日から30日まで名古屋国際会議場にて第63回高分子年次大会が開催され、生体高分子研究室の修士2年遠山さんと山田(真)先生の2人が研究発表を行いました。発表タイトルは「RNA-無機ハイブリッド体による金属イオンの集積」と「ペクチン-無機ハイブリッド体を用いた金属イオンの集積」でした。遠山さんは初めての口頭発表でしたが堂々と発表し、質問にも的確に答えていました。山田先生の発表にも質問者が相次いで訪れ、その対応に追われていました。写真は口頭発表が終わりホッとした遠山さんです。

 
  2014.5.19

■化学科ソフトボール大会!

5月17日に毎年恒例の化学科研究室対抗ソフトボール大会が行われました。大会は元野球部同士の戦いや先生同士の戦いもあり大変盛り上がりました。今年の優勝は分析化学研究室と無機物質化学研究室の合同チームでした。無機物質化学研究室は佐藤泰史先生が4月に赴任して新しく出来た研究室で、初出場で初優勝です!研究室では研究はもちろんですが、ソフトボール大会や花見、ゼミ旅行などイベントが目白押しです!

 
  2014.3.26

■化学科謝恩会

3月20日に学位記授与式が開催され、化学科からも多くの学生が巣立って行きました。卒業式のあと、卒業生の有志の皆さんで企画した謝恩会が行われました。4年間お世話になった先生、一緒に苦楽を共にしてきた友人たちと学生生活最後のひとときを過ごしました。先生や友人たちと思い出話に花を咲かせたり、写真を撮り合ったりと、楽しい時間を過ごしたようです。
4月からそれぞれ別々の道に進むことになりますが、大学生活で学んだことを十分に活用しながら、社会に貢献できるように頑張ってほしいと思います。

 
  2014.3.18

■化学科・大谷先生の最終講義

3月14日に今年度で退任される大谷槻男教授の最終講義が開催されました。先生は35年以上にわたり岡山理科大学で研究教育をされてきました。最終講義のタイトルは「理大での幾星霜」で、写真と論文を使いながら先生の研究人生と岡山理科大学での思いでをお話しされました。講義終了後は今年度で退任される善木道雄教授とともに花束の贈呈が行われました。両先生は来年度も引き続き特任教授として化学科の講義を担当されます。
化学科一同、先生がこれからも元気にご活躍なさることをお祈り申し上げます。

 
  2014.2.22

■日本化学会中国四国支部・支部長賞を2名に授与

2月17日に大学院理学研究科化学専攻の修士論文発表会、2月21日に化学科の卒業研究発表会が開催されました。それぞれの会に先立って、成績優秀な修士課程修了生、学部卒業生の各1名に日本化学会中国四国支部・支部長賞の授与がなされました。
今年は、井上君(物理有機化学研究室・修士、写真左)と山田さん(結晶合成化学研究室・4年、写真右)に授与されました。

 
  2014.1.9

■化学科恒例の昼食会

1月8日に11号館の最上階ラウンジで、化学科2年生と教員の親睦を兼ねた昼食会が開かれました。この昼食会は学生と教員がざっくばらんに話すことが出来る化学科の恒例行事となっており、研究や生活、将来のことなどで大いに会話がはずみました。

 
  2013.12.4

■集積有機合成に関する国際学会にて発表

11月29日から12月1日まで奈良東大寺横にある東大寺文化センターにおいて第8回集積有機合成国際シンポジウム(ISIS-8)が開催されました。物理有機化学研究室の修士2年菅原君が「非対称5,12-ジエチニルテトラセンと関連化合物の集積合成」というタイトルで研究発表を行いました。はじめての国際学会参加でしたが無事に質疑・応答が出来ました。学会終了後、会場周辺の鹿と戯れたり、東大寺の大仏を拝観したりと奈良を満喫したそうです。

 
  2013.11.23

■OUSフォーラム2013で化学科より3件発表

11月22日に岡山プラザホテルにおいてOUSフォーラム2013が開催されました。化学科からは「シリカ及び炭素多孔体の細孔形状制御と分離機能(森重先生)」と「板状炭酸カルシウムの合成(林先生・坂根先生)」、「低電力室温動作型ガス成分分析センサ(大谷先生)」という3件の発表がありました。これらの研究は未来の技術として大変注目されており、多くの企業関係者がブースを訪れていました。今回のフォーラムでの化学科からの発表は無機化合物に関する発表でしたが、化学科では無機化合物だけでなく有機化合物や生体分子まで様々な化合物を扱っています。興味のある人は、HPをのぞいてみてください!

写真は発表されている森重先生(左)と林先生(右)です。

 
  2013.9.25

■化学科オープンキャンパス Part3

9月23日に岡山理科大学オープンキャンパスPart3が開催されました。化学科ブースではお菓子の乾燥剤として使われるシリカゲルの合成と金コロイドの観察、活性炭による色素の吸着実験を行いました。また、化学科イベントでは蛍光ペンのインクに使われている蛍光物質の合成を行いました。普段薬品を使って実験をする機会がない高校生には大変貴重な経験だったようです。中央下の写真は様々な色を出す蛍光物質です。今年度のオープンキャンパスはこれ終了ですが、化学科にはオープンキャンパスで紹介出来ないくらい様々な研究室があります。ぜひHPをのぞいてみてください!

 
  2013.9.16

■生体高分子研究室から2件の学会発表

9月11日から13日まで金沢大学にて第62回高分子討論会が開催されました。生体高分子研究室の修士2年川崎君、修士1年遠山さんの2人が研究発表を行いました。発表タイトルは「DNA担持セルロースによる金属イオンの集積」と「RNA-無機ハイブリッド体の創製とその利用」でした。2人ともはじめての学会発表でしたが緊張しながらも無事に終えることが出来ました。特に遠山さんの発表は発表時間が終了しても質問者が相次いで訪れ、その対応に追われていました。発表終了後は加賀料理を食しました。山田(真)先生ご馳走様でした!

 
  2013.8.5

■化学科オープンキャンパス Part2

8月3日、4日に岡山理科大学オープンキャンパスPart2が開催されました。化学科イベントとしては「磁石にくっつく酸素分子」を見たり、「光を用いる分析装置」の見学を行いました。また、化学科ブースではポリウレタンを使った「光るきのこの作製」や昆布の成分を用いた「人工イクラの作製」を行いました。それとともに、ブース内には分子模型や周期表に関連する様々な展示を行いました。特に、周期表にかかわる展示物は必見です!化学を専門とする先生方も「ほほう!」と驚かれていました。次のオープンキャンパスは9月に開催されます。興味のある方は是非とも参加して下さい。

 
  2013.8.5

■新規芳香族化合物に関する国際学会で3件発表

7月28日から8月2日まで台湾・台北市にて「第15回新規芳香族化合物に関する国際会議(ISNA-15)」が開かれました。物理有機化学研究室から豊田教授、岩永講師、修士2年井上君が参加し、研究発表を行いました。井上君は英語で発表するのがはじめてで、非常に緊張している様子でした。質問にはしっかりと答えることができたようです。講演数などが充実しており、非常に興味深いものが多かったようです。次回はマドリッド(スペイン)で開催予定です。

 
  2013.6.30

■「化学プレゼンテーション」発表会

6月29日に化学科の2年次生対象科目「化学プレゼンテーション」の発表会が行われました。この授業は4,5人の班ごとに化学に関するテーマを決めて、12分間プレゼンテーションをします。今年のテーマは「カーボンナノチューブ」や「プラスチックとバイオプラスチック」、「身近な毒」などでした。プレゼンテーション後の6分間の質疑応答も時間が超過するくらい盛り上がりました。化学科では先生の講義を聞く授業だけでなく、学生が主体となる授業も開講しています。

 
  2013.6.30

■オープンキャンパス Part1

6月16日に岡山理科大学オープンキャンパスPart1が開催されました。化学科では「化学発光を体験してみよう」と銘打って、ブースでは液体窒素を使った実験、イベントでは普段滅多に立ち入ることが出来ない研究室の見学と化学発光の実験を行いました。写真は化学科イベントで行われたルミノール反応と超伝導体を使った磁石の浮遊実験です。化学科では有機物を扱う研究室から超伝導体を扱う研究室までたくさんの研究室があります。

 
  2013.5.27

■化学科ソフトボール大会!

5月18日に毎年恒例の化学科研究室対抗ソフトボール大会が行われました。当日は天候も良くみんな顔を真っ赤にして日頃たまったエネルギーを爆発させていました。今年の優勝チームは結晶合成化学研究室で、来年3月末を持って定年退職される大谷先生に花をそえる形になりました。化学科では4年生になると研究室に配属されますが、研究室では研究だけでなくソフトボール大会やゼミ旅行などイベントが目白押しです!

 
 

2012年度の更新情報はこちらをご覧ください。

2011年度の更新情報はこちらをご覧ください。

2010年度の更新情報はこちらをご覧ください。

2009年度までの更新情報はこちらをご覧ください。

 
 
オープンキャンパス情報
小学校教諭二種免許取得支援プログラム
トピックス
出張講義
高等学校へ伺って、講義・実験を行います。
  学内専用サイト
大学院化学専攻 | 理学部岡山理科大学 | サイトマップ | 受験生サイトへ
ご意見・ご質問は下記まで
コピーライト表記
English 携帯サイト