D3d26•D3d26n•D3d26s
 (エタン分子などの分子軌道計算に
 必要なファイル作成)

〜エタン分子(C2H6)などエタン型 A2B6形分子のF01, F25を簡単に準備するプログラム〜

 ○必要な情報は、A,Bそれぞれの原子番号、A-Aの原子間距離(Å)、A-Bの原子間距離(Å)、A-A-Bの角度(°)のみです。
 ○入力ファイルは必要ありません。
 ○適当な空ディレクトリで、d3d26 [Enter]と入力するだけです。
 ○プログラムを実行すると、必要な数値の入力をプログラムが求めてきます。
 ○d3d26は、F01、F25、D3D26.outの3つのファイルを出力します。
 ○symOrbにより作成した対称軌道ファイル(F25)が使用されます。
 ○常磁性分子や総電子数が奇数の分子の計算の際には、F01を編集してスピン版としてください。
 ○サンプル点数は20000点です。計算精度を高めたい場合はF01を編集して適宜増やしてください。
 ○makef05実行前、F01の電荷を適宜入力してください。
 ○F01の座標はÅ単位、F05およびD3D26.outの座標は原子単位です。
 ○作成されるF25は、dataディレクトリの“d3d26”を“F25”という名前でコピーしているだけです。
 ○d3d26nは、d3d26を実行後、makef05scfsでf05を作成し、ノンスピン版scatを収束するまで回し
  (最大150サイクル)、netc, bndodr, popanl, hlgap, hlgapsなどの周辺プログラムを
  実行するまで、全自動で行う便利なシステム(初心者向け)です。
 ○d3d26sは、d3d26を実行後、makef05scfsでf05を作成し、スピン版scatを収束するまで回し
  (最大150サイクル)、netc, bndodr, popanl, hlgap, hlgapsなどの周辺プログラムを
  実行するまで、全自動で行う便利なシステム(初心者向け)です。

●ダウンロードはこちらから→d3d26.zip [download] 1.39 MB 2012.12.19

D3d26
  ・入力ファイル:なし
  ・出力ファイル:F01, F25, D2H24.OUT
  ・使用方法:d3d26 [Enter]
D3d26n
  ・入力ファイル:なし
  ・D3d26⇒makef05scfs⇒scat計算(ノンスピン版)⇒各種周辺プログラム計算(ノンスピン版)
   を全自動で実行するシステムです。
   scat計算は最大150サイクル回ります(収束した時点で計算は終了します)。
  ・使用方法:d3d26n [Enter]
D3d26s
  ・入力ファイル:なし
  ・D3d26⇒makef05scfs⇒scat計算(スピン版)⇒各種周辺プログラム計算(スピン版)
   を全自動で実行するシステムです。
   scat計算は最大150サイクル回ります(収束した時点で計算は終了します)。
  ・使用方法:d3d26s [Enter]


◎プログラムd3d26の具体的な使用方法解説はこちら

◎ノンスピン版d3d26全自動実行システムd3d26nの具体的な使用方法解説はこちら

◎スピン版d3d26全自動実行システムd3d26sの具体的な使用方法解説はこちら

→ もくじに戻る




坂根ページへ新素材化学研究室ページへ化学科ページへ

岡山理科大学 理学部 化学科 新素材化学研究室 坂根弦太

ご意見・ご質問は下記まで
gsakane@chem.ous.ac.jp