大学院化学専攻 | 理学部 | 岡山理科大学 | サイトマップ | 化学科トップへ | 受験生サイトへ
化学科 岡山理科大学
学科概要 カリキュラム 教員・研究室 進路 資格 推薦図書 在学生用ページ 場所・連絡先
学科概要
沿革
昭和39年 (1964) 岡山理科大学創設と同時に理学部化学科が設置される。
昭和49年 (1974) 化学科、応用化学科を母体として大学院修士課程化学専攻が設置される。
昭和53年 (1978) 化学専攻、応用物理学専攻を母体として大学院博士課程材質理学専攻が設置される。
平成15年 (2003) 学部コース(Gコース)、学部・大学院一貫コース(Mコース)が設置される。
平成23年 (2011) 「バイオ有機薬品コース」、「環境分析コース」、「新エネルギーコース」が設置される。
学部・大学院一貫コース(Mコース)を継承・発展させる形で「Sプログラム(早期研究室配属プログラム)」が設けられる。
岡山理科大学理学部化学科のめざすもの

学科設置の目的

 「化学」は自然科学の基幹分野の一つとして、有用な化学物質を提供し人類の生活を豊かにすることを通して、社会の中で発展してきました。高度に科学技術が発達した現在、化学は生物、物理、工学などの周辺領域との関係を深めながら広域化していると同時に、人類が直面している環境問題を解決するために最も進展が必要とされている分野です。このような社会状況において、化学を中心とした自然科学の専門知識を身に付けた人材は社会の広い分野で必要であり、理科離れが進む中、科学技術立国を支える人材の確保は国家的課題といってもよいでしょう。

 これに応えるために、岡山理科大学理学部化学科は、学生の能力や目的に応じた多様な方法で化学の知識や技術を提供し、従来の化学産業や今後発展していく科学に関連した新産業分野を支える技術者研究者、あるいは理科の教育を志す人材などを育成します。また、研究を通して基幹分野の知識体系を発展させるとともに、学際分野との連携を積極的に取り入れて化学の可能性を広げます。これらの教育・研究機関としての役割を果たすことにより、地域社会とともに国際的な広がりも視野に入れて、人間と環境が調和した豊かで安心できる社会づくりに貢献します。

教育の理念・方法

 学生の自然科学とくに化学に対する好奇心を育みながら、化学を通して社会に貢献する意志と素養をもった良識ある社会人を育成します。このために、講義と実験・演習科目の連携を深め、とくに実験に重きをおき、体験を通した学習を促進することにより学生の探求心を引き出します。また、少人数クラス発表形式の科目を設置して、社会人として求められるコミュニケーション能力や主体性を伸ばします。学生の学習目標を明確に定め、専門の最も基礎となる部分は全員に修得させます。一方、学生の希望する進路に応じて、化学を基盤として周辺の知識を教える講義大学院進学を目指した専門性の高い講義あるいは資格取得を支援する講義からなる多彩なコースを設けます。これらを通して、努力の尊さを会得させ、科学的思考に基づく問題解決や課題探求などの総合的な能力を育み、自らの将来に夢と自信を持たせることをめざします。

研究の特色

 化学の基礎研究を通して、基幹分野の発展に寄与するとともに、技術の基礎となる科学の振興を目標に社会が利用可能な知識を提供します。研究の高度化や広域化に対応するために、基礎分野だけでなく、社会的課題を考慮しながら環境科学、生物科学や物質・材料科学などの分野との学際領域の研究を指向します。充実した研究設備を最大限に活用して、特定分野に秀でた研究を地域社会の関わりの中で推進することなど私立大学の研究機関として特色を出しながら、中国四国地方の化学基礎研究拠点の一つとしての役割を担います。

大学院化学専攻 | 理学部岡山理科大学 | サイトマップ | 化学科トップへ | 受験生サイトへ
コピーライト表記
化学科トップ English 携帯サイト