錯体化学研究室

学会発表

2000年(平成12年)以降

2000  H12

1) Akio ICHIMURA, Yasunori MIKI, Hideaki TAKAGI, Masataka MAEYAMA and Takashi SHIBAHARA

"Redox Properties of a Photochromic Dinuclear Molybdenum-Dithiolene Complex"

2000.3  International Symposium on PROSPECTS of BIOELECTROCHEMISTRY in the 21st CENTURY, 京都

2) 柴原隆志・赤司治夫・岩倉竜太・西本吉助・森正保

ニトロシルペンタアンミンクロム錯体のX線構造

2000.3  78日本化学会春季年会 (東京) 1PA 158

3) 柴原隆志

硫黄架橋金属クラスター錯体の合成と反応性

2000.6  琉球大学

4) T. Shibahara, H. Akashi, M. Asano, K. Wakamatsu, K. Nishimoto, M. Mori (poster)
"Nitrosylpentaamminechromium complex: Ab initio calculation and X-ray structure"
2000.7  XXXIV International Conference on Coordination Chemistry P0466, Edinburgh, Scotland.

5) (岡山理大理) 前山正孝・木津裕大朗・柴原隆志

ジエチルジチオリン酸を配位子とする硫黄架橋を含む不完全キュバン型タングステン錯体のアルキン類との反応

2000.9  50回錯体化学討論会 (立命館) 1B-B13

6) (岡山理大理) 前山正孝・柴原隆志

アセチレンと反応した酸素/硫黄架橋不完全キュバン型錯体のNMR

2000.9  50回錯体化学討論会 (立命館) 1F-J02

7) (岡山理大理・岡山理大自然研・大阪市大理) 柴原隆志・赤司治夫・西浦まみ・若松寛・西本吉助・森正保

ニトロシルクロム錯体の構造と色に与える外圏イオンの影響

2000.9  50回錯体化学討論会 (立命館) 1P1-A09

8) (岡山理大理) 藤川尚浩・若松寛・西本吉助・柴原隆志

トリスジチオレン錯体[M(S2C2H2)3] (M=Cr, Mo, W) ab initio計算

2000.9  50回錯体化学討論会 (立命館) 1P3-F04

9) (和歌山大システム工・岡山理大理) 桶矢成智・山門英雄・若松寛・柴原隆志・西本吉助

5配位白金錯体の配位サイト交換運動のメカニズムについてのab initio計算

2000.9  50回錯体化学討論会 (立命館) 1P3-J10

10) (岡山理大理) 坪井正信・奥村さち子・西村智博・坂根弦太・柴原隆志

フォトクロミズムを示すモリブデンジチオレン錯体のNMR

2000.9  50回錯体化学討論会 (立命館) 2G-I11

11) (岡山理大理) 福本正太・前山正孝・柴原隆志

アセチレンを取り込んだ炭素・硫黄結合をもつモリブデン錯体の性質

2000.9  50回錯体化学討論会 (立命館) 2P1-B20

12) (岡山理大理) 片山盟仁・柴原隆志・菰田久永・近藤康弘・大谷槻男

硫黄架橋モリブデン錯体を用いるシェブレル化合物の新規合成法

2000.9  50回錯体化学討論会 (立命館) 3C-C01

13) Masataka Maeyama and Takashi Shibahara (poster)

"Formation of a Single Carbon-Sulfur Bond through the Reaction of Sulfur-Bridged Trinuclear Tungsten Cluster with Methylpropiolate"

2000.12  Pac-Basin Chemical Congress PACIFICHEM 2000, Hawaii, USA.

 

2001  H13

1) Takashi Shibahara (invited)

"Reactivity of Bridging Sulfurs in Metal Clusters",

2001.5    University of Michigan, USA

2) T. Shibahara (invited)

"Photochemistry of Dithiolene Complexes",

2001.5  Michigan State University, USA

3) 柴原隆志

硫黄架橋多核金属錯体の合成と反応性

2001.9    姫路工業大学

4) (岡山理大理) 井手康弘・前山正孝・木津裕大朗・宮本圭介・柴原隆志

二分子のアセチレン誘導体と反応する硫黄架橋不完全キュバン型タングステン錯体

2001.9  51回錯体化学討論会 (島根) 3a-B13

5) (阪府大先端研・岡山理大自然研・岡山理大理・阪市大理) 清田俊治・赤司治夫・柴原隆志・市村彰男

酸素および陰イオンを架橋基とする複核Mo(III)ポリアミン錯体の合成と、モリブデンの酸化に伴う配位アミノプロトンの脱離反応

2001.9  51回錯体化学討論会 (島根)

6) (和歌山大システム工・岡山理大理) 松本直樹・桶矢成智・坂根弦太・柴原隆志

2つのメトキシアニオンが[Pt(hfac)2]に付加した錯体の構造と反応

2001.9  51回錯体化学討論会 (島根)

7) (岡山理大理) 坪井政信・奥村さち子・中岡伸介・柴原隆志

ジメチルジチオレンを配位子とする複核モリブデン錯体のフォトクロミズム

2001.9  51回錯体化学討論会 (島根)

 

2002  H14

1) (岡山理大理) 井手康弘・宮本圭介・佐々木誠・柴原隆志

硫黄架橋タングステン錯体とジメチルアセチレンジカルボキシレートとの反応

2002  52回錯体化学討論会 (東京) 1c-A05

2) (岡山理大理) 井手康弘・柴原隆志

二分子のアセチレン誘導体と反応した硫黄架橋タングステン錯体のNMR

2002  52回錯体化学討論会 (京都) 2P-A50

3) (吉備国際大社会・岡山理大理) 高木秀明・井手康弘・柴原隆志

ジチオリン酸を配位子とする硫黄架橋三核タングステン錯体の電気化学

2002  52回錯体化学討論会 (東京) 2P-C126

4) (岡山理大理) 柴原隆志・坪井政信・井手康弘・中岡伸介・西本吉助

ジチオレンを配位子とするモリブデン複核錯体の光異性化:X線構造とDFT計算

2002  日本化学会第81春季年会 早稲田大学 1PB-155

5) Takashi Shibahara, Masanobu Tsuboi, Shinsuke Nakaoka, Yasuhiro Ide (poster)

"PHOTOCHROMIC ISOMERIZATION OF A DINUCLEAR MOLYBDENUM COMPLEX WITH ETHYLENE-1,2-DITHIOLATE AND DISULFUR LIGANDS"

2002  XXXVth Internatinal Conference on Coordination Chemistry, Heidelberg  P4. 107

6) (岡山理大理) 坂根弦太・岩切亜矢子・早川佳宏・柴原隆志

8-キノリノールを配位子とする硫黄架橋不完全キュバン型モリブデン三核錯体の合成と性質

2002.9  52回錯体化学討論会 (東京)

7) (岡山理大理) 高尾導司・西本吉助・柴原隆志

硫黄架橋錯体とアセチレンとの反応性に関するDFT計算

2002.9  52回錯体化学討論会 (東京)

8) (岡山理大自然研・岡山理大理) 山内剣・藤田宗紀・赤司治夫・柴原隆志

チアカリックス[4]アレーンを配位子とする多核モリブデン錯体の合成と性質

2002.9  52回錯体化学討論会 (東京)

9) (岡山理大理) 片山盟仁・高橋雅志・柴原隆志・大谷槻男

硫黄架橋不完全キュバン型モリブデン錯体を用いた水素気流中でのシェブレル化合物の合成

2002.3  日本化学会第81春季年会 

10) H. Akashi, T. Yamauchi, M. Mori, T. Shibahara (poster)

"Hydrogen bonds: further evidence for the cause of the color change of
nitrosylpentaamminechromium complexes
"
2002.8  IUCr Congress & General Assembly, 355, Geneva, Switzerland.

2003  H15

1) T. Shibahara, Y. Ide, S. Shibata, and G. Sakane (invited)

"Photochromic Isomerization of Dithiolene Molybdenum Complexes"

2003.6  19th Conference on Coordination and Bioinorganic Chemistry, Slovakia

2) Yasuhiro Ide, Makoto Sasaki, Masataka Maeyama, and Takashi Shibahara (invited)

"Reaction of Sulfur-Bridged Clusters with Acetylene"

2003.11  11th International SPACC-CSJ Symposium, Auckland, New Zealand

3) (岡山理大理) 廣氏芳雄・川﨑秀樹・坂根弦太・柴原隆志

8-キノリノールまたはその誘導体を配位子とするモリブデンクラスター錯体の電子状態

2003 16DV-Xα研究会 独立行政法人物質・材料研究機構 O-2a02

4) (岡山理大理・吉備国際大社会) 喜屋武利香・井手康弘・高木秀明・柴原隆志

ニトリロ三酢酸を配位子とする硫黄架橋モリブデン錯体とアセチレン類との反応:炭素-硫黄結合の生成

2003  日本化学会第83回春季年会 早稲田大学西早稲田キャンパス 1PC-012

5) (岡山理大理) 井手康弘・佐々木誠・柴原隆志

硫黄架橋モリブデンおよびタングステン錯体のアセチレン誘導体との反応: 炭素-硫黄結合の生成と切断

2003  日本化学会第83回春季年会 早稲田大学西早稲田キャンパス 1PC-013

6) (岡山理大理) 伊藤良樹・岩切亜矢子・川﨑秀樹・坂根弦太・柴原隆志

8-キノリノールおよびカルボン酸を配位子とする酸素/硫黄架橋モリブデン三核錯体の合成と構造

2003.9  53回錯体化学討論会 (山形) 1Ab11

7) (岡山理大理) 二橋裕樹・井手康弘・柴原隆志

酸素/硫黄架橋モリブデン錯体のアセチレン誘導体との反応

2003.9  53回錯体化学討論会 (山形) 1Ab13

8) (岡山理大自然研・岡山理大理・吉備国際大社会) 山内剣・高原弘人・赤司治夫・高木秀明・柴原隆志

ヒドロトリス(ピラゾリル)ボレートを配位子とする硫黄架橋モリブデン錯体の合成と金属取り込み反応

2003.9  53回錯体化学討論会 (山形) 1Ab15

9) (岡山理大理) 川﨑秀樹・橋本翔・早川佳宏・坂根弦太・柴原隆志

8-キノリノール誘導体を配位子とする硫黄架橋モリブデン三核錯体の合成・構造・電子状態

2003.9  53回錯体化学討論会 (山形) 1AP049

10) (岡山理大理) 井手康弘・杉田清・柴原隆志

硫黄架橋モリブデン錯体のアセチレン誘導体との反応

2003.9  53回錯体化学討論会 (山形) 1AP084

 

2004  H16

1) (Okayama University of Science) Yasuhiro Ide and Takashi Shibahara (invited)

"A Cage Cluster with Nine Vertices Composed of Three Molybdenum, Four Sulfur, and Two Carbon Atoms"

2004.11  11th International SPACC-CSJ Symposium, Osaka.

2) (Okayama University of Science) Yasuhiro Ide, Hiroki Nihashi, Takashi Shibahara (poster)

"Reaction of Sulfur-Bridged Molybdenum Cluster with Acetylene Derivatives"

2004.11  11th International SPACC-CSJ Symposium, Osaka P06

3) (Okayama University of Science) Yasuhiro Ide and Takashi Shibahara (invited)

"A Cage Cluster with Nine Vertices Composed of Three Molybdenum, Four Sulfur, and Two Carbon Atoms"

2004.12  th Winter School on Coordination Chemistry, Wroclaw, Poland, Wroclaw, Poland

4) 柴原隆志

硫黄架橋金属クラスター錯体の特異性

2004.11  熊本大学

5) (岡山理大理) 高野賢太朗・清水裕美・伊藤良樹・川﨑秀樹・坂根弦太・柴原隆志

ジカルボン酸で二量化したモリブデン三核錯体の合成と性質

2004.9  54回錯体化学討論会 (熊本大学) 1Ac07

6) (岡山理大理) 坂根弦太・川﨑秀樹・柴原隆志

8-キノリノールを配位子とする酸素架橋モリブデン三核錯体の電子状態

17DV-Xα研究会 関西学院大学 B-02

7) (岡山理大理) 高野・清水・伊藤・川﨑・坂根・柴原

ジカルボン酸で二量化したモリブデン三核錯体の合成と性質

2004.9  54回錯体化学討論会 (熊本) 1Ac07

8) (岡山理大理) 井手康弘・柴原隆志

2分子のメチルプロピオレートと反応した硫黄架橋タングステン錯体

2004.9  54回錯体化学討論会 (熊本) 2PA035

9) (岡山理大理) 二橋裕樹・井手康弘・柴原隆志

酸素/硫黄架橋モリブデン錯体のメチルプロピオレートとの反応  反応の溶媒依存性

2004.9  54回錯体化学討論会 (熊本) 2PA076

10) (岡山理大自然研・吉備国際大社会・岡山理大理) 山内剣・高木秀明・赤司治夫・柴原隆志

混合金属キュバン型Mo3FeS4 骨格をもつヒドロトリス(ピラゾリル)ボレート錯体の合成と性質

2004.9  54回錯体化学討論会 (熊本) 2Ac03

11) (岡山理大自然研・岡山理大理) 新田大乃典・山内剣・赤司治夫・柴原隆志

Cp*Ir 基を含むイリジウム-モリブデン硫黄クラスター錯体の構造と性質

2004.9  54回錯体化学討論会 (熊本) 1PA001

12) (岡山理大自然研・岡山理大理) 藤田宗紀・山内剣・赤司治夫・柴原隆志

M3SnO4-n (M = Mo or Wn = 1-4)骨格をもつ水溶性チアカリックスアレーン錯体の合成と性質

2004.9  54回錯体化学討論会 (熊本) 1PA073

13) 武内潔・川﨑秀樹・坂根弦太・柴原隆志

硫黄および酸素で架橋したモリブデンクラスター錯体の合成と構造

2004.10  日本化学会西日本大会  D3-19

14) (吉備国際大社会,岡山理大理) 髙木秀明・井手康弘・柴原隆志

ジチオリン酸を配位子とする硫黄架橋三核金属錯体とアセチレン誘導体との反応生成物の

電気化学

2004.11  50回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会 (東京) P29

 

2005  17

1) (岡山理大理) 高野賢太朗・川﨑秀樹・坂根弦太・柴原隆志

二分子のアセチレンカルボン酸と反応したモリブデン三核8-キノリノラト錯体

2005.9  55回錯体化学討論会 (朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター 新潟市) PA042

2) H. Aikoh and T. Shibahara (poster)

"Study on the Bioaccumulation by Aluminum Administration"

2005.3  (poster) 7th International Conference on Alzheimer`s and Parkinson`s Disease

 (AD/PD 2005), Sorrento, Italy, March 9-13, 2005

3) H. Kawasaki, G. Sakane, and T. Shibahara (invited)

"Solvent extraction syntheses and 1H NMR spectra of incomplete cubane-type sulfur/oxygen-bridged molybdenum clusters with 8-quinolinolato ligands——anomalous chemical shifts"

2005.7  12th International SPACC-CSJ Symposium, Tianjin

4) (岡山理大理) 綾大・井手康弘・柴原隆志

酸素・硫黄架橋三核モリブデン錯体のアセチレン誘導体との反応

2005.9  55回錯体化学討論会 (新潟) 12A-08

5) (岡山理大理) 川崎秀樹・坂根弦太・柴原隆志

8-キノリノールを配位子とする酸素/硫黄架橋モリブデン三核錯体の1H NMR

2005.9  55回錯体化学討論会 (新潟) 24C-03

6) (岡山理大理) 井手康弘・柴原隆志

モリブデン-炭素結合をもつ硫黄架橋三核錯体の構造

2005.9  55回錯体化学討論会 (新潟) 25B-10

7) (岡山理大理) 高野賢太朗・川崎秀樹・坂根弦太・柴原隆志

2分子のアセチレンカルボン酸と反応したモリブデン三核錯体

2005.9  55回錯体化学討論会 (新潟) PA042

8) (岡山理大自然研・吉備国際大社会・岡山理大理) 山内剣・赤司治夫・高木秀明1・柴原隆志2

ヒドロトリスピラゾリルボレートを配位子とするキュバン型モリブデンニッケル硫黄クラスター錯体の合成と性質

2005.9  55回錯体化学討論会 (新潟) 23A-14

9) (岡山理大自然研・岡山理大理) 高原弘人・山内剣・赤司治夫・柴原隆志1

硫黄架橋不完全キュバン型Mo3S4骨格をもつt-ブチルチアカリックスアレーン錯体の合成と性質

2005.9  55回錯体化学討論会 (新潟) PA-169

10) (吉備国際大社会・岡山理大理・岡山理大自然研) 高木秀明・山内剣・米谷潤・赤司治夫・柴原隆志

ヒドロトリス(ピラゾリル)ボレートを配位子とする硫黄/酸素架橋三核モリブデン錯体の合成と性質

2005.3  日本化学会 第85回春季年会 神奈川大学 2C7-01

 

2006  H18

1) Yasuhiro Ide and Takashi Shibahara (invited)
"Neutral Radical Trinuclear Molybdenum Cluster: Synthesis and Characterization"
2006, 8
 13th International SPACC-CSJ Symposium, Hokkaido

2) H. Aikoh, Y. Tanaka, and T. Shibahara (poster)

"Capture of Dispersed Mercury from Crushed Fluoresent Lamps by using Sulfur-Bridged Trinuclear Mmolybdenum Clusters"

2006.8  MERCURY 2006 CONFERENCE ON MERCURY AS A GLOBAL POLLUTANT, Wisconsin

3) Y. Ide and T. Shibahara (invited)

"Neutral Radical Trinuclear Molybdenum Cluster: Synthesis and Characterization"
2006.10  6th China-Japan Joint Symposium on Metal Cluster Compounds, Hansyan

4) (岡山理大理) 高野賢太朗・柴原隆志

8-キノリノラト複核バナジウム錯体の合成と性質

2006.9  56回錯体化学討論会 (広島大学) 1PA094

5) (岡山理大理) 小笠原忍・坂根弦太・柴原隆志

硫黄架橋複核モリブデン錯体, 金属イオン, およびシステインによる配位高分子の構築

2006.9  56回錯体化学討論会 (広島大学) 1B05

6) (岡山理大理) 小谷卓也・小笠原忍・坂根弦太・柴原隆志

酸素架橋複核モリブデン錯体, 金属イオン, およびシステインによる配位高分子の構築

2006.9  56回錯体化学討論会 (広島大学) 1PB116 

7) (岡山理大理) 山口和也・綾大・柴原隆志

硫黄架橋複核モリブデン錯体の立体異性

2006.9  56回錯体化学討論会 (広島大学) 2PA117

8) (岡山理大理) 高野春奈・井手康弘・柴原隆志

中性ラジカル三核モリブデン錯体の反応性

2006.9  56回錯体化学討論会 (広島大学) 2PA118

 

2007  H19

1) H. Aikoh and T. Shibahara (poster)

"Study on the bioaccumulation by aluminum administration with or without amino acids"

2007.3  8th INTERNATIONAL CONFERENCE AD/PD 2007, Salzburg, Austria

2) T. Shibahara, S. Ogasahara, and G. Sakane (invited)

"Zinc-Sulfur (Cysteine) Bonds in Sulfur-Bridged Dinuclear Molybdenum Complex with Cysteine Ligands:  Formation of Polymer Complex".

2007.4  2007 Symposium on Coordination Compounds as Inorganic-organic Composite Materials, Kwansei Gakuin, Sanda,

3) Takashi Shibahara (invited)

"Adduct Formation at Sulfurs in Sulfur-Bridged Molybdenum and Tungsten Clusters"
2007.7  
2007-(28th)-INTERNATIONAL CONFERENCE ON SCIENCE AND TECHNOLOGY, Prague

4) Kentaro Takano and Takashi Shibahara (poster)

"Fluorescent Tin(IV) Complexes with Schiff Base Ligands"

2007.12  14th International SPACC-CSJ Symposium, Taipei, P-21.

5) Shinobu Ogasahara, Yuji Shiraga, Genta Sakane, and Takashi Shibahara (poster)

"Zinc-Sulfur(Cysteine) Bonds in Sulfur-Bridged Dinuclear Molybdenum Cysteinate

Complex: Formation of Polymer Complex"

2007.12  14th International SPACC-CSJ Symposium, Taipei, P-22.

6) Haruna Takano and Takashi Shibahara (poster)

“Reaction of Incomplete Cubane-Type Sulfur-Bridged Molybdenum Cluster with Acetone: Formation of α-Oxidized Ketone”

2007.12  14th International SPACC-CSJ Symposium, Taipei, P-23.

7) H. Akashi and T. Shibahara(invited)

"Syntheses and characterization of sulfur-bridged incomplete cubane-type molybdenum complexes with scorpionate ligands".

2007.12  14th International SPACC-CSJ Symposium, Taipei

8) (岡山理大理) 高野賢太朗・旭史悦・柴原隆志

シッフ塩基を配位子とするスズ錯体の蛍光

2007.9  57回錯体化学討論会 (名古屋工業大学) 1Fa-15

9) (岡山理大理・阪市大院理) 高野賢太朗・沖美智子・柴原隆志・木下勇

8-キノリノラトバナジウム(IV)錯体の結晶構造と溶存状態

2007.9  57回錯体化学討論会 (名古屋工業大学) 1PA-18

10) (熊本大自然科学・岡山大理・岡山理科大) 鳥越晴菜・金子美咲・松本尚英・小島正明・高野賢太朗・柴原隆志

4-フォルミルイミダゾール類と2-アミノエチルピリジンの縮合物を配位子とするコバルト錯体のキラル集合構造

2007.9  57回錯体化学討論会 (名古屋工業大学) 1PB-10

11) (岡山理大理) 白神優二・小笠原忍・坂根弦太・柴原隆志

L-ステインを配位子とする硫黄架橋複核モリブデン錯体と各種金属イオンとの結合様式

金属硫化物の溶解度積との関係

2007.9  57回錯体化学討論会 (名古屋工業大学) 1PC-013

 

2008  H20

1) Kentaro Takano and Takashi Shibahara (invited)

"Fluorescent Tin(IV) Complexes with Schiff Base Ligands"

2008.4  Open Research Center for Coordination Molecule-based Devices 2008 Symposium on Coordination Compounds as Inorganic-organic Composite Materials, Kwansei Gakuin University

2) Kentaro Takano, Hideaki Takagi, and Takashi Shibahara

"Fluorescent Tin(IV) Complexes with Schiff Base Ligands"(Poster) 

2008. 11  SPACC15, Osaka City University

3) (岡山理大理) 白神優二・高野春奈・加悦郁子・手嶋邦夫・柴原隆志

硫黄架橋三核モリブデン錯体のアルデヒドおよびケトンとの反応

2008.9  58回錯体化学討論会 (金沢大学) 1Db-09

4) (岡山理大理・吉備国際大文化財) 高野賢太朗・三原一祐・高木秀明・柴原隆志

シッフ塩基を配位子とする蛍光性スズ(IV)錯体の電子状態と分子設計

2008.9  58回錯体化学討論会 (金沢大学) 1Fa-08  

5) (岡山理大理) 和田真理子・高野賢太朗・高橋昌幸・前川敦・旭史悦・柴原隆志

シッフ塩基を配位子とするインジウム(III)錯体の合成と蛍光

2008.9  58回錯体化学討論会 (金沢大学) 2PA-077

 

2009  H21

1) Takashi Shibahara (invited)

"Synthesis and Characterization of 8-Quinolinolato Vanadium(IV) Complexes"  

2009. 3  First Okayama University – Copenhagen University collaboration symposium, Okayama University

2) (岡山理大理・吉備国際大文化財) 高野賢太朗・中田努・高木秀明・柴原隆志

シッフ塩基を配位子とする蛍光性スズ(IV)およびインジウム(III)錯体

2009.3 日本化学会 春季年会 日大舟橋2PA-063

3) (岡山理大理・吉備国際大文化財)松浦昭彦・高木秀明・柴原隆志

硫黄架橋三核モリブデン錯体とケトン類との反応 : 二水素脱離反応

2009. 9  58回錯体化学討論会 (長崎大学) 

4) (岡山理大理) 高橋昌幸・高野賢太朗・柴原隆志

シッフ塩基配位インジウム(III)錯体: 蛍光波長と置換基効果

2009. 9  58回錯体化学討論会 (長崎大学) 

5) (岡山理大理)福島宇彬・高野賢太朗・田辺竜太・高木秀明・柴原隆志

シッフ塩基を配位子とするスズ(IV)錯体の置換基と蛍光特性

2009. 9  58回錯体化学討論会 (長崎大学) 

 

2010  H22

1) Takashi Shibahara (invited)

"Reactivity of Sulfur-Bridged Incomplete Cubane-Type Molybdenum- and Tungsten-Cluster Complexes"

2010.6  Second Okayama UniversityCopenhagen University collaboration symposium, University of Copenhagen

2) (岡山理大理・岡山理大自然研) 本庄彩乃・為清昭雄・赤司治夫・柴原隆志

システイン配位硫黄架橋複核タングステン錯体結晶構造の対イオン依存性

2010.3  日本化学会 春季年会 近畿大学3PA-091 






HOME