山田 真路(YAMADA, Masanori)


TEL 086-256-9550 (ダイヤルイン)、内線: 4275
E-mail:
myamada@chem.ous.ac.jp


【職名】   准教授
【担当科目】
(学部)  化学環境論 バイオ有機化学 ポリマーの化学 化学トピックス  分析化学実験 卒業研究
(大学院) 生体高分子材料 コンプリヘンシブ演習I~IV フューチャーサイエンス 特別研究 

【生年】 1971年 (出身 京都市)
【略歴】
学歴
 ・同志社大学 工学部 工業化学科(1994年3月卒業)
 ・北海道大学 大学院地球環境科学研究科 物質環境科学専攻 博士後期課程(1999年3月修了)

職歴
 ・信州大学 繊維学部付属高分子工業研究施設 研究機関研究員(1999年 ~ 2002年)
 ・独立行政法人 産業技術総合研究所 第1種職員(2002年 ~ 2006年)
 ・岡山理科大学 理学部 化学科 助教授(2006年) 
 ・岡山理科大学 理学部 化学科 准教授(2007年) (名称変更)

【学位】
博士(地球環境科学) (北海道大学 1999年3月)

【教育の方針】
 創造力豊かな学生を育成することを目標としています。そのためには、個々の学生がいろいろな事柄に対して疑問を持ち、その疑問を解決する力を身に付ける必要があります。講義と研究を通してこの2つを養える環境を作り、将来の日本を担う人材を育成していきたいと考えています。

【専門分野(キーワード)】
(大分野) 高分子化学
(小分野) 生体高分子、機能性高分子、核酸化学 、環境材料、電気化学

【研究の概要】
 私たちの身の回りにはタンパク質や多糖類、核酸、天然ゴムなど多くの生体高分子が存在しています。当研究室では、主にサケの白子から取り出したDNA(デオキシリボ核酸)やカニ・エビ殻から取り出したキチン・キトサン(多糖の一種)という生体高分子に注目し「生体高分子を利用した環境にやさしい機能性素材の開発」と「生体高分子が持っている新しい機能の発見とその解明」という2つの側面から研究を行っています。

【研究業績(著書・学術論文・その他)】(過去5年間を記載)
原著論文(過去5年間から抜粋)
Immobilization of double-stranded DNA onto glass beads by psolaren
Masanori Yamada, Yuka Kanamori, and Tetsuya Yamada
Int. J. Biol. Macromol. 60, 39-44 (2013).
Preparation of DNA-polyintercalator conjugate and its functional property
Masanori Yamada, Ayaka Okumoto, and Tetsuya Yamada
Int. J. Biol. Macromol. 51, 215-220 (2012).

Synthesis of DNA intercalator-immobilized cyclodextrin and interaction with double-stranded DNA: Utilization of DNA-cyclodextrin conjugated material as an environmental material
Masanori Yamada, Masamitsu Inoue, Tetsuya Yamada
Polym. Chem. 3, 1291-1299 (2012).

Preparation of DNA-cyclodextrin-silica composite by sol-gel method and its utilization as an environmental material
Masanori Yamada and Emiko Nakayama
Mater. Chem. Phys. 133, 278-283 (2012).

Proton conduction of DNA-imidazole composite material under anhydrous condition
Masanori Yamada and Akito Goto
Polymer J. 44, 415-420 (2012).
DNA–cyclodextrin–inorganic hybrid material for absorbent of various harmful compounds
Masanori Yamada and Shinya Tabuchi
Mater. Chem. Phys. 126, 278-283 (2011).


Accumulation of harmful compounds by the composite of DNA and cyclodextrin: effect on intramolecular cavity of cyclodextrin
Masanori Yamada, Jun Shikano, and Yoshimi Harada
Mater. Chem. Phys. 124, 623-627 (2010).


Composite material of DNA and cyclodextrin-immobilized poly(ethyleneimine): Accumulation of harmful compounds from multi-component solution
Masanori Yamada, Minako Hori, Shinya Tabuchi
Int. J. Biol. Macromol. 47, 201-206 (2010).


Heteropolyacid-conjugated chitosan matrix for triphase catalyst
Masanori Yamada and Akiko Maeda
Polymer 50, 6076-6082 (2009).

Molecular structure of chlorocycloheptane in inclusion compound with 9,9'-bianthryl and gelation during crystallization
Shinji Toyota, Yohei Okamoto, Takeharu Ishikawa, Tetsuo Iwanaga, and Masanori Yamada
Bull. Chem. Soc. Jpn. 82, 182-186 (2009).

Selective accumulation of harmful compounds by the DNA-inorganic hybrid-immobilized glass bead
Masanori Yamada and Akari Hamai
Anal. Chim. Acta 674, 249-254 (2009).
DNA-cyclodextrin composite material for environmental applications.
Masanori Yamada and Kazuki Hashimoto
Biomacromolecules 9, 3341-3345 (2008)
.

DNA-inorganic hybrid material as selective absorbent for harmful compounds
Masanori Yamada and Hirofumi Aono
Polymer 49, 4658-4665 (2008).

Enzymatic collapse of artificial polymer composite material containing double-stranded DNA.
Masanori Yamada and Mariko Amoo
Int. J. Biol. Macromol. 42, 478-482 (2008).

Utilization of DNA-metal ion biomatrix as a relative humidity sensor.
Masanori Yamada and Taro Sugiyama
Polymer J. 40, 327-331 (2008).

総説 (2000年以降から抜粋)
DNAフィルター
山田真路、駒沢俊清
バルカー技術誌16, 3-6 (2009).

Bio-inspired membranes for advanced polymer electrolyte fuel cell
– Anhydrous proton conducting membrane via molecular self assembly –
Itaru Honma and Masanori Yamada
Bull. Chem. Soc. Jpn. 80, 2110-2123 (2007)

Functional materials derived from DNA
Xiang Dong Liu, Masanori Yamada, Masaji Matsunaga, and Norio Nishi
Adv. Polym. Sci. 209,149-178 (2007).

汚染物質除去材としてのDNA
西 則雄、山田真路、劉 向東
高分子、52, 134-137 (2003).

サケ白子由来DNAの環境分野への応用 ―DNAによる環境ホルモン・重金属の除去―
山田真路、西 則雄
DNA/RNAの機能化を目指した化学的新展開 ニュースレター、2, 1-15, (2002).

さけ白子DNAの有効利用 ―紫外線照射DNAで環境ホルモンを除去―
山田真路、西 則雄
放射線と産業、90, 13-18 (2001).

その他

招待講演 6件
特許関連 3件

【所属学会及び社会活動】
日本化学会
高分子学会
電気化学会
核酸・核タンパク機能性研究会



化学科ホームページへ